車両保険の等級について

車両保険比較RANKING

車両保険の等級は、事故などで保険を使うと3等級ダウンになってしまうため、判断が難しい場合もあります。

車両保険TOP > 等級について

車両保険の等級について

車両保険は、等級が高くなるほど保険料が安くなりますが、事故などで保険を使うと3等級も下がってしまいます。

最初に保険に加入したときには6等級からスタートし、無事故で保険を使わずにいると、毎年1等級ずつ上がっていきます。等級が高くなるにつれて保険料の割引が大きくなります。

これは、無事故の期間が長いほど安全運転だと認められ、事故を起こして保険を使う確率が低いと判断されるためです。

車両保険の等級は、どのくらい安全運転を行い、事故を起こすことなく運転しているかを表すためのものなのです。

保険を使った場合

毎年上がっていく等級ですが、事故などで保険を使ってしまうと、基本的にはその翌年の更新ではは事故1回につき3等級ダウンすることになります。

等級が下がると、当然保険料は高くなってしまいます。しかも3等級ダウンした後も、上がるのは1年に1等級ごとなので、ダウンした3等級を一気に取り戻すことはできません。

また、保険会社を変更しても等級は引き継がれますので、別の保険会社と契約して等級をリセットすることはできません。

等級による割引率にもよりますが、長い目で見ると3階級下がることによってかなり保険料がアップしてしまうことになるので、保険を使わずに自費で修理をしたほうが得になる場合もあります。

等級が下がって保険料がアップすると損だからと、少々の事故や傷ならば、保険を使わないという選択をする人も多いのです。

等級据え置き事故

実際には、保険を使うと必ずしも等級が下がるわけではありません。ドライバーに過失がない場合など、等級が下がることなく補償を受けられることもあります。

例えば、駐車していた間についていた傷がいたずら傷と認められた場合や、高速道路などに多い飛び石によるガラスの傷などは、ドライバーには責任がないということで、等級据え置き事故として扱われることもあります。

また、台風や洪水などの災害によって車に損害を受けた場合にも、等級据え置き事故となり、翌年の等級が下がることはありません。

アクサダイレクト

アクサの無料見積・申込公式サイト ネット申込で最大5,500円割引 !
www.axa-direct.co.jp

ソニー損保

ソニー損保の公式サイトはこちら。 自動車保険と医療保険をご提供。
www.sonysonpo.co.jp

チューリッヒ

車の保険料、もっと安くなるかも? 今ならプレゼントキャンペーン実施中
505505.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 車両保険・自動車保険ランキング All Rights Reserved.