車両保険の選び方

車両保険比較RANKING

車両保険の選び方としては、車に乗る頻度や車種、運転技術や新車かどうかなどを元に考えていくのがよいでしょう。

車両保険TOP > 選び方

車両保険の選び方

車両保険の選び方にはいろいろありますが、車の価値と乗り方、予算などを元に考えていくのが一般的です。

もちろんしっかり車両保険を掛けたほうが安心ではありますが、やはり保険料にかけられる予算もあるでしょうから、まずは、いくらの保険料なら支払えるのか、最低限補償してもらいたい金額はいくらくらいかを考えてみてください。

車両保険にも、補償内容によってタイプはいろいろありますから、自分の車の車種や乗る人、乗り方によって、必要と思われる内容で何パターンか見積もりを出してもらうのがおすすめです。

同じ補償内容でも保険会社によって保険料が異なってくる場合がほとんどですし、今は一括で見積もりが取れる便利なサービスもありますので、必ず数社から見積もりを取るようにしましょう。

車両保険の種類

車両保険には、一般車両保険・エコノミー・エコノミー+限定Aと、補償内容によってさまざまな種類のものがあります。

一般車両保険は、一般的は故意に行ったものでない限り、事故や盗難、災害などほとんどすべての損害が補償の対象となります。もっとも広い範囲で適用される保険ですが、保険料は高めになります。

保険料を安く抑えたい場合には、エコノミーや、エコノミー+限定Aなどを利用します。エコノミーは、車対車や車対バイクの接触の場合のみ補償されるもので、エコノミー+A限定は一般車両保険から自損事故と当て逃げの場合だけを除いて適用される保険です。

選び方のポイント

車両保険の選び方のポイントは、補償が必要な事故や盗難へのリスクの度合いがどの程度あるのかです。

例えば、人気モデルの車や高級車の場合は盗難のリスクが高くなるので、盗難の補償がついた一般車両保険か、エコノミー+限定Aなどを選ぶと安心です。

運転技術に自信がない場合は、電柱や車庫などに自分でぶつけてしまうことも少なくありませんから自損事故も補償してくれる一般車両保険に入っておくとよいでしょう。免許取立ての場合や、少し運転に慣れて気が緩んだ頃に自損事故を起こす人が多いので注意が必要です。

あとは、新車の場合はまだ時価も高くなりますし、やはり傷はすぐに直したいということで、とりあえず数年の間は一般車両保険に入っておく人が多いです。

逆に安い価格で購入した中古車などの場合には、高い保険料を払うよりも、車両保険に加入しないか、エコノミー保険などの加入がおすすめです。

アクサダイレクト

アクサの無料見積・申込公式サイト ネット申込で最大5,500円割引 !
www.axa-direct.co.jp

ソニー損保

ソニー損保の公式サイトはこちら。 自動車保険と医療保険をご提供。
www.sonysonpo.co.jp

チューリッヒ

車の保険料、もっと安くなるかも? 今ならプレゼントキャンペーン実施中
505505.jp

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 車両保険・自動車保険ランキング All Rights Reserved.